大阪の通信制高校の失敗しない選び方

大阪の通信制高校の失敗しない選び方

大阪の通信制高校の失敗しない選び方 | 通学日数が自分に合っているかどうかをしっかりと確かめるようにしましょう | フォロー体制は適切なサポートが受けられるかということが重要

大阪の通信制高校に通いたいと思っている人も多いかもしれませんが、数多くの高校があり、どのように選べばよいわからないという人も多いものです。
やり方を失敗してしまえば、途中で退学しなければならなくなる可能性もあるので、事前に失敗しない選び方を知っておきたいものです。
まず第一に考えたいこととして、学費が挙げられます。
大阪の通信制高校は、全日制高校と同じように、公立と私立の2種類が存在してがす。
公立の場合には、学費は安い傾向にあり、1単位当たり100円程度のところも多く見られます。
年間で考えた場合には、3から4万円程度で済ませることができるでしょう。
一方で私立の場合には、校舎やコース、サポートなどが公立よりもかなり充実している特徴があり、それに伴って効率と比べた場合に学費が高くなります。
学校によっても異なりますが、1単位当たりの学費は8000円から8500円ほどかかるところも多く、年間に換算した場合には30万円程度がかかることになるでしょう。
通学型のコースなどを開講している通信制高校となると、基本的な学費とは別に、専門費用として15から30万円ほどかかるところもあります。
就学支援金が還付されることもありますが、基本的には私立の方が高いということを覚えておきましょう。
二つ目のポイントは通学頻度が挙げられます。
週に何日ほど通学しなければならないのか、年間では何日通学するのかなども重要な要素となります。